ゲームのサウンドトラック展

theater-front ゲームのサウンドトラックを紹介しています。(やけに偏ってる気がしますが・・・)

MOTHER サウンドトラック


祝復刻!デジタルリマスタリングによる再収録!とにかくおすすめ、大好きです!
復刻版には、THE WORLD OF MOTHERロングバージョン、未発表デモトラックSMILE&TEARSを追加収録。
サウンドトラックという言葉では表現しきれないボリューム。ゲーム中の曲も勿論収録されていますが、メインは・・・聴いてからのお楽しみということで。
予約特典はエイトメロディーズ楽譜(鈴木慶一サイン付き)。

MOTHER2 ギーグの逆襲 サウンドトラック


プロローグからエンディングまでの要所要所のBGMが収録されているので、冒険を振り返るようなイメージで聞くことができます。王道のサウンドトラック。
サイキックのSEを混ぜた、ルームナンバー、フラフープ等、ANOTHER2も面白いです。

MOTHER1+2 オリジナルサウンドトラック


MOTHER1+2の中から選りすぐりの音楽を”アレンジ”。
MOTHERのサウンドトラック+MOTHER2のサウンドトラック・・・ではありませんのでご注意。”完全”アレンジです。これが賛否両論で・・・うーむ。

STARFOX64 サウンドトラック


全てのBGMを収録。個人的に好きな曲はゾネス。最終防衛ラインのイメージにふさわしいエリア6も好きです。
以前、「エリア6のBGMを流しながら料理するとはかどります」という意見を見かけましたが、わかるようなわからないような・・・
―――― コマンドを遊んでわかりました。エリア6の曲を聞くと、血圧が高くなっていました。

ニンテンドウオールスター大乱闘スマッシュブラザーズ サウンドトラック


初回限定で金属プレートが付いてきました。ディスク1枚目はBGM、2枚目はSE入りのCLUBMIX。
そう言えば、スマデラオーケストラコンサート行きたかったなぁ・・・

マリオ&ゼルダ ビッグバンドライブCD


2003年9月14日に日本青年館で行われた、「マリオ&ゼルダ ビッグバンドライブ」の演奏を収録。臨場感たっぷり。
ラテン、カントリーなノリがとても楽しいです。
マリオ&ゼルダ ビッグバンド ライブレポートもあわせてどうぞ。

ゼルダの伝説時のオカリナ サウンドトラック


時オカのあらゆる曲をそのまま詰め込んだ正統派サウンドトラック。好きな曲はゾーラの里、ゲルドの谷、コタケコウメのテーマ。オカリナ曲では嵐の歌がお気に入りです。
初回限定版は「ミニチュア 時のオカリナ」付きでした。

ハイラルシンフォニー サウンドトラック


時のオカリナの曲を、ゲームの電子音ではなくゆったりしたオーケストラで表現。
ゼルダの伝説組曲と題して、時のオカリナに止まらず、ゼルダの伝説・・・リンクの冒険・・・神々のトライフォースから夢を見る島まで、歴史ある懐かしい曲も聴く事が出来ます。
昔からのゼルダファンにもオススメです。

ゼルダの伝説時のオカリナ リアレンジアルバム


時のオカリナの異色なアレンジ曲。オーケストラと対照的ですが、これはこれでアリなのでは。
あまりの異色っぷりに最初は驚いたものの、いつの間にか耳になじんでしまいます。
宮本さん作詞のエポナの歌も収録。やっぱり出だしはエポナ~エポナ~♪

ゼルダの伝説風のタクト オリジナルサウンドトラック


2枚のCDにたっぷり収録・・・ですが、一曲一曲が短めな感じがします。初回限定でクリアケースが付くお店もあったようです。
民族調っぽい竜の島、素敵な曲だと思います。その点ではモルド・ゲイラ戦も良いですよね~。

F-ZEROX オリジナルサウンドトラック


スタッフゴーストプレイ時のサウンドまで収録。ギターベースのスピード感溢れる曲ばかり。
ビッグブルーでの曲、お前の目が語るもの(Decide in the eyes)などはスーファミ時代から受け継がれている曲です。
ドラムが上手くなったら・・・僕、この曲叩いてみたいな!・・・と思い立って早や○年。

F-ZERO GX/AX オリジナル・サウンド・トラックス


ディスク1はパイロットのテーマ曲、ディスク2にBGMが収録されています。
スピード感は勿論のこと、コースにあったBGMが良いですね。中でも好きなのは、Feel Our Pain (ファイアフィールドの曲) とShotgun Kiss (ベガスパレスの曲)。

FF9 オリジナルサウンドトラック


ゲームの余韻に浸りながら聴いていたら中には「こんな曲あったっけ?」というのもが・・・4枚組みというボリュームはダテじゃないですね。コカコーラCM曲まで収録されています。
一方で、クジャ戦の曲「破滅への使者」は一度聞いたら忘れられない!

FF10 オリジナルサウンドトラック


FF10の曲はFFシリーズの中で一番好きだ!と言ってしまう。
FFのバトル曲はどれも濃くて好きなのですが、10のシーモアバトルは・・・もう素晴らしい濃さですね!
そんなシーモアバトル、大好きですが、スピラの情景などのしっとりした曲も好きです。

聖剣伝説3 オリジナルサウンドヴァージョン


6音で作られているとは思えない濃厚な作品の数々。菊田氏が手がける曲の数々をじっくり堪能することができます。
「変だけど格好良い物を目指した」とのコメント。カッコ良すぎです!

聖剣伝説Legend of Mana サウンドトラック


聖剣伝説3とは作曲者が変わり、曲調も3とは違います。こちらの作曲者は、スーパーマリオRPGを手掛けた方です。
ボス戦は「ヘヴィメタで」というオーダーが出てた故に、あのような仕上がりになったそう。
一方で、心に語りかけてくるような「ホームタウンドミナ」や、「風歌うその旅路」が好きです。

バテン・カイトス~終わらない翼と失われた海~オリジナルサウンドトラック


ゲームのシナリオも素晴らしかったですが、その情景をさらに盛り上げてくれたのがこれらの曲。
桜庭氏のファンになってしまいました。
The true mirrorを超える戦闘曲は今後現れるのか・・・!?ギターバージョンが神すぎます。

バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子 オリジナルサウンドトラック


バテン・カイトスに匹敵できるのは、やはりバテン・カイトスしかない!
前作と比較すると、落ち着いた雰囲気の音楽が多く、聴けば聴くほど曲の良さが・・・。ますます桜庭さんファンに。
お気に入りはThe valedictory elegy(通常戦闘曲)、Tears of compassion。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA